首 イボ

MENU

首の小さなイボが気になる!加齢が原因って本当?

女性は30代あたりを境に、さまざまな肌トラブルを抱えている人が多くなります。
最近首にニキビや吹き出物とは違う、ブツブツしたものができていませんか?
これは肌の老化によってできる首イボの可能性があります。
痛みがあるわけではないけれど、肌が露出する部分のトラブルは気になりますよね。
今回は、そんな首イボができてしまう原因について紹介します。

 

首イボは20代からでもやってくる!?

 

首イボは、主に肌の老化が原因によって発生します。
だいたい30代あたりから首の回りの小さなポツポツが気になる人が増え、年齢とともに徐々に増加していきます。
しかし、早ければ20代から症状が現れることがあり、若いうちからイボに悩んでいる女性も多いのです。

 

首周りは顔のように皮膚が露出している箇所であるため、日常的に紫外線や摩擦などでダメージを受けています。
ダメージを受けた皮膚は、細胞が増殖して肌に盛り上がりを作ります。
これが首や胸などといった皮膚が薄い部分に起こることで、やっかいなイボとして現れてしまうのです。

 

しかし、このような加齢によるイボは、良性の腫瘍なので病気や感染などの心配はありません。
更年期を過ぎた女性や、肥満体型の女性は特に数が多くなりがちですが、基本的には体質や皮膚の老化具合によって、イボの量は違ってきます。

 

イボは大きさによって名称が違う!

 

首のイボやポツポツは皮膚にダメージを受けたことによる、繊維や脂肪の盛り上がりでできています。
大きさや形に違いがあり、それぞれに名前がついています。

 

アクロコルドン

 

首にできやすく、ワキや鼠径部(そけいぶ)に発生する場合もあります。
肌色で1ミリほどの小さなイボで、触ると柔らかいという特徴があります。
良性腫瘍なので、特に重大な病気に発展することはありませんが、ネックレスなどのアクセサリーに引っかかっている、繊維が硬い衣服を着ている時など、イボに傷がついて炎症を起こしてしまいます。

 

スキンタッグ

 

スキンタッグは、アクロコルドンと比べ少々盛り上がりがあるイボを指します。
だいたい2〜3o程度のサイズで、見た目にもわかりやすいため皮膚科での治療を選択する人も多くなってきます。

 

軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)

 

アクロコルドンやスキンタッグと同様、首やワキ、鼠径部などにできやすいですが、直径5oを超える大きいサイズであることが特徴です。
大型のものになると、局所麻酔によるレーザー手術などを行う場合もあります。

 

このように、首イボは大きさによって名称が異なります。
いくら体に害はないとしても、首周りに大量にできたイボは気になってしまいますよね。
だからといって、下手に自分でイボを取ろうと直接触っていると、傷がついてそこから細菌が入る可能性があります。
細菌によって皮膚に炎症を起こすと、かえって首に跡として残りやすくなってしまいます。
きれいに治すためにも、首イボは皮膚科などの専門医を受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。

尿素が首イボに効く?お肌のターンオーバーを高めよう!

尿素が首イボに効く?お肌のターンオーバーを高めよう!

 

加齢によってできた首イボは、ある程度対策をしっかりしないと時間が経つごとにどんどん数が増えていってしまいます。
尿素配合クリームが首イボに効果があると言われていることをご存じでしょうか?
乾燥した手や足に塗ることを目的に、尿素値クリームが販売されていますが、これを首周りに塗ることで、できてしまった首イボを減らす効果が期待できるのです。
尿素を使って肌のターンオーバーを促進し、首イボを撃退しましょう!

 

尿素ってどういうもの?

 

尿素は肌の角質層に存在する天然保湿成分の一つです。
保湿効果が高いだけでなく、たんぱく質を分解する働きを持っているため、かかとや肘といった固くなった角質「ケラチン」を柔らかくして、皮膚そのもののターンオーバーを促します。

 

首にできた加齢によるイボも古い角質でできているので、尿素によって分解されることで、固いイボを取り除く効果が期待できるのです。
ただし、尿素配合率が高いクリームなどのケア製品を首周りに塗ることはあまりおすすめできません。
このように、尿素は首イボに有効である栄養素のですが、実は首のような薄い皮膚の部分に塗るには、刺激が強すぎるため肌を傷つける可能性があるのです。

 

よく手を保湿する目的で販売されている尿素配合クリームは、約20%程度の尿素が入っています。
こうした尿素が高配合されているケア製品は、乾燥している肌にとって大きなストレスとなります。
そのため、普段使っている尿素配合クリームは無闇に首周りに塗らず、自分で濃度を調整することのできる「尿素配合化粧水」を作ることをおすすめします。

 

美肌を作る尿素配合化粧水の作り方

 

材料
  • 尿素:50グラム
  • 水道水:200t
  • グリセリン:小さじ1程度
  • 清潔な空き容器

尿素とグリセリンは、薬局で手に入れることができます。
3つの材料と空き容器を用意したら、まずは空き容器に尿素と水道水をよく混ぜましょう。
混ぜ合わせた液体が透明になったら、グリセリンを加えてしっかりと混ぜ合わせます。

 

これを尿素化粧水の原液として、好きな濃度に薄めた上で肌に塗りましょう。
顔や首といった皮膚が薄い部分には、原液に対して水道水を10倍の量入れてください。
しっかりと薄めないと、肌が赤くなってかぶれを起こす可能性もあります。
毎日の洗顔や入浴の後に、イボが気になる部分に塗るようにしましょう。

 

防腐剤が入っていないので、原液は1週間を目安に交換することをおすすめします。
このように、尿素そのものは肌のターンオーバーを促し、首イボにも高い効果が期待できます。
使用の際はしっかりと薄め、できるだけ皮膚への負担を減らしてから使うように気を付けましょう。
もし肌が荒れてしまったら、速やかに治療を中断して皮膚科に相談することも大切です。